病気を早く治したい

病気の時体は疲れやすい

病気になった時にはまず栄養補給

病気にかかってしまった時には、普段よりも体力を消耗してしまい、体が普段よりも疲れやすくなっています。そのため、努めて、栄養を摂取するようにしなければなりません。栄養というと、食事を摂取することになりますが、食事は、バランスよく摂取するようにし、炭水化物やたんぱく質を十分に摂るようにして、体のエネルギーとなるものを多く摂取するように心がけます。また、ドリンク剤なども、ビタミンやアミノ酸が多く含まれているため、お勧めです。病気になった時には、体に良いものを補給するようにし、早く改善できるようにすることが必要です。

摂食障害は病気のリスクを高める

栄養不足になりやすい病気のひとつに、摂食障害があげられます。今までは10代〜20代の若い世代に多い症状と言われてきましたが、実際には50代〜60代など比較的年齢が高い人にも増えています。心の闇が原因になる病気なので、心療内科などによる治療が必要です。治療には根気が必要で、患者さんの約半数は治らないまま一生を終えています。自助グループなどもありますが、苦しんでいる人は自分が摂食障害だという自覚が乏しいので、対応が遅れてしまうことが多いです。骨粗しょう症や腎臓疾患、脳萎縮など様々なリスクが高まります。

↑PAGE TOP