肝機能障害なる可能性

肝機能障害を疑うのなら

肝機能障害と診断されたら

肝機能障害とは一般に自覚症状がないことが多いものです。健康診断の数値によって初めて何らかの異常が生じていることに気づくという場合がほとんどです。中には倦怠感や食欲不振などの症状がきっかけでわかるということもありますが、どちらにしても早期の受診が望ましいと言えます。症状が進行すると、肝硬変、肝臓がんに移行する恐れがあることも否定できません。肝機能障害と診断されたら、初期症状のうちに適切な治療に加え、肝機能を高める食事や規則正しい生活などで回復を目指すことが大切です。

↑PAGE TOP